2008年03月28日

ウォーキング

ウォーキングは、
内蔵についた脂肪や皮下脂肪を効率よく燃やす効果があります。
ウォーキングのように酸素を十分に取り込む有酸素運動は、
酸素を取り込み、脂肪を燃焼させます。

人間が運動を開始した段階でのエネルギー源は、
主に血液中の体内の糖質です。
脂肪を燃焼させるには、運動開始後20分ほど経ってからとなります。
最低でも20分間歩くことから始めて、徐々に20分以上ウォーキングをしましょう。

ウォーキングをすると、
血液循環がよくなり、体のすみずみにまで血液が送られ、
あらゆる細胞がエネルギーを消費するようになります。
基礎代謝量がアップし、消費するエネルギーが増えます。
基礎代謝が多ければ、運動をしなくてもエネルギーを
より多く消費するので、シェイプアップしやすくなります。


投稿:ぺるしゃ猫(鍼のゆうわ治療院
posted by 鍼のゆうわ治療院 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | エクセサイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91392601
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。